メニュー

Nanocellulose Symposium 2013・第220回生存圏シンポジウム・第9回バイオ材料プロジェクト『生物が創り出すナノ繊維』(2/27開催)

『生物が創り出すナノ繊維』
~セルロースナノファイバー 広がる用途開発~

セルロースナノファイバー(CNF)は生物が創り出すナノ繊維です。動物(ホヤ)やバクテリア(酢酸菌)が産出するものもありますが、もっとも代表的なのは圧倒的な資源量を誇る「植物細胞」の基本骨格物質としてのCNFです。軽量、高強度、低熱膨張といった優れた特性を示し、次世代の大型産業資材やグリーンナノ素材として、製造と利活用に関する研究が世界で活発化しています。近年では様々な産業用途開発とともに国際標準化(ISO)に向けた議論も進んでいます。
今回のシンポジウムでは、材料開発の基盤となるCNFの表面化学変性に関する基調講演、様々な分野で進む用途開発の紹介、自動車用部材に関する産官学共同開発プロジェクトの最終成果発表を行います。最近本プロジェクトでは実用化につながる大きな進展が得られております。
皆様のご参加をお待ちしております。

Webでの参加受付は終了いたしました。
受付にて当日参加申込を受け付けますので、
参加ご希望の方は直接会場までお越しください。

 

■日時 2013年2月27日(水)

■会場 京都テルサ テルサホール(JR京都駅・八条口西口から南へ徒歩15分)
<アクセス> http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html

■定員 300名(先着順・定員になり次第締め切ります。)

■定員 どなたでも参加できますが、専門的な内容になります。

■参加費 無料

■セルロースナノファイバーについて
セルロースナノファイバー(ナノセルロース材料)について詳しくお知りになりたい方は
京都大学生存圏研究所Webをご覧ください

■主催
京都大学生存圏研究所、京都市産業技術研究所、(財)京都高度技術研究所、
京都大学化学研究所 共同利用・共同研究拠点
■後援
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、経済産業省近畿経済産業局、(一財)バイオインダストリー協会、
(公社)新化学技術推進協会、(一社)日本有機資源協会、(社)西日本プラスチック製品工業協会(予定を含む)

 

■プログラム

13:00-13:05 開会挨拶

13:05-13:45 <基調講演>
「ナノセルロースの化学変性戦略」 京都大学 生存圏研究所 中坪文明氏

13:45-15:35 <第1部 研究成果発表①> 
「プリンテッド・エレクトロニクス」 大阪大学 産業科学研究所 能木雅也氏
「環境・人体調和型のナノファイバー BiNFi-s」  ㈱スギノマシン 新規事業開発本部 小倉孝太氏
「高強度ナノファイバーゲル」 京都大学 生存圏研究所 阿部賢太郎氏
「セルロースナノファイバー技術を利用したソフトクリームの開発」 日世㈱ プレスト生産部 大西有香氏
「ガスバリアフィルムへの応用」 花王㈱ 加工・プロセス開発研究所 向井健太氏

15:35-15:50 休憩 

15:50-17:50 <第2部 研究成果発表②>
*本セッションの研究開発は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から「グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発」事業の一環として委託を受け実施いたしました。

「研究プロジェクト紹介」 京都大学 生存圏研究所 矢野浩之氏
「変性セルロースナノファイバーによるポリオレフィン樹脂の補強①」
王子ホールディングス(株) 研究開発本部 五十嵐優子氏
「変性セルロースナノファイバーによるポリオレフィン樹脂の補強②」
星光PMC(株) 新規開発本部 片岡弘匡氏
「ポリオレフィン補強用高分子分散剤」 京都大学 化学研究所 榊原圭太氏
「変性セルロースナノファイバーによるポリアセタールの補強」
三菱エンジニアリングプラスチックス㈱ 第3事業本部 永井雅之氏
「変性セルロースナノファイバー強化樹脂材料の発泡成形」 京都市産業技術研究所 伊藤彰浩氏
「変性セルロースナノファイバー強化樹脂の微細構造」 三菱化学(株) 開発技術研究所 佐野博成氏

17:50-18:00 閉会挨拶

 


■問合せ先

(財)京都高度技術研究所 産学連携事業部 連携支援グループ(遠藤、内海)
E-mail:biocity@astem.or.jp