ごあいさつ

ごあいさつ

京都市ライフイノベーション創出支援センター長  谷田 清一 

 京都はしばしば「古都」をつけて呼ばれ、古いイメージが先行しがちですが、近・現代の京都に目をやると、イノベーションを生み育てる風土が見えてきます。京都市域やその周辺には多数の大学が拠点を構え、アカデミックな空気や先端的な研究成果が日常の風景に融和して、知の集積地としての姿が浮かび上がります。その側では、独創性に裏打ちされた付加価値の高い個性的な企業活動が繰り広げられ、その中から世界に名を馳せるモノづくりベンチャー企業が育ち、世界に羽ばたいています。
 京都市ライフイノベーション創出支援センターは、医療・ライフサイエンス分野で京都発のイノベーションを目指す取り組みを側面から支援する機関です。イノベーションにつながる創造の源泉は、コア人材とそれを取り巻くローカルな風土にこそあります。そして京都は、これにふさわしい土地柄といえるのではないでしょうか。
 イノベーションの実現には、ローカルな活動を行政的に支える仕組みが求められます。加えて、アカデミアから生まれる先進的知見を産業界に橋渡しする役割が欠かせません。京都のアカデミアからは、世界に先駆け、世界を先導する研究成果が続々と発信されています。
 本センターは、アカデミアと産業界、行政との有機的な連携を仲立ちすることによって医療・ライフ系の知の融合を促すとともに、学と産の共創環境を整え、ライフ系ベンチャーを育成することなどを通じて、京都発のライフイノベーションを目指す取り組みを支援します。

2016年7月吉日