公益財団法人京都高度技術研究所

財団概要

公益財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)は、1988(昭和63)年にICT(情報通信技術)とメカトロニクスを活用した先端科学技術の振興と地域社会の発展に寄与することを目的に、京都市・京都府・産業界からの出捐により設立されました。

以来、国や地方自治体の産業政策と連携し、地域の産業界、経済団体、金融機関、大学からのご支援とご協力のもと、ICT、ライフサイエンス、環境等の諸分野で産学公連携による研究開発や事業化を推進するとともに、ベンチャー・中小企業に対する新事業創出、販路拡大などでの総合的な支援を行う産業支援機関として活動を行っております。

2009(平成21)年には財団法人京都市中小企業支援センターと統合して支援機能を充実させ、2013(平成25)年には公益財団法人化し、新たなステージをスタートしました。この間培ったASTEMの強みである研究開発力、技術力、経営支援力を活用し、科学技術の振興や企業経営に関する支援を通じて地域産業の発展と市民生活の向上に貢献してまいります。

名称

公益財団法人 京都高度技術研究所

  • 英文名
    Advanced Science, Technology & Management Research Institute of KYOTO
  • 略称
    ASTEM RI/京都

設立目的

科学技術の振興や企業経営に関する支援を通じて、地域産業の発展と市民生活の向上に寄与する

所在地

京都市下京区中堂寺南町134番地(京都リサーチパーク東地区)

設立日

  • 1988(昭和63)年8月9日(京都府知事許可)
  • ※2009(平成21)年10月1日 財団法人京都市中小企業支援センターと統合
  • ※2013(平成25)年4月1日 公益財団法人化

基本財産

3億円(うち出捐:京都市1億円、京都府5千万円、産業界1億1千万円)

財団施設

  • ASTEM棟(京都リサーチパーク東地区内)
  • 京都市成長産業創造センター(らくなん進都内)
一覧に戻る ページTOP