公益財団法人京都高度技術研究所

オスカー認定企業紹介

酒井工業 株式会社

 橋梁の塗替工事において、有害重金属を含有している旧塗膜の除去には湿式工法が採用されている。しかし、塗膜の種類や塗膜厚によって多くの場合、剥離剤の有効成分が鋼板部まで浸透させることができず、剥離剤塗布~剥離の作業を繰り返し実施する必要があった為、作業コストと工期の増加に発注者、受注者共に頭を悩ませていた。そこで、剥離剤の有効成分の浸透効率を最大限に引き出す、マグネット付パネルの開発に至った。

 5年に1度の橋梁定期点検が義務付けられたことで、塗装塗替工事においては、古くは塗装の標準品として使用されてきた鉛系塗装材(有害)を安全かつ確実に除去するべく誕生した工法であるが、今後は橋梁だけでなく、有害物質含有塗膜を有するインフラ設備への応用等、汎用性が期待される工法といえる。

お問い合わせ先
地域産業活性化本部 企業成長支援部
TEL: 075-366-5229 / FAX: 075-315-6634
E-MAIL: info-smes[at]astem.or.jp ※[at]を@に置き換えてお送りください。